スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レヴィナスと愛の現象学 」 内田樹 (2)  

Levinas1.jpg

第二章 非ー観想的現象学からレヴィナス自身の言葉をみます。


絶対的に「他なるもの」、それが「他者」である。それは自我と同じ度量衡をもっては計量することのできないものである。私が「あなたは」あるいは「私たちは」と言うときの集団性は、「私」の複数形ではない。私、あなた、それはある共通概念の固体化したものではない。所有も、度量衡の一致も、概念の一致も、私を他者に結びつけることはない。共通の祖国の不在、それが「他なるもの」を「異邦人」たらしめている。「異邦人」はまた自由なるものをも意味している。なぜなら、私は彼の上に権力をふるうことができないからである。彼は私が彼を意のままにしているときでさえ、ある本質的な側面において、私の把持を逃れている。
(レヴィナス『全体性と無限』)(P.191-192)



「他者」は自我の影とは無縁で、自我との間にいかなる対立関係も補完関係も成立しないとレヴィナスは言います。わたしたちが捕捉もコントロールも自己同一化もできないような「他者」。
内田樹はそうした「他者」はどのような形で自我の中で生起するのか、歩を進めます。


レヴィナスは自我の内在性の「閉鎖性」は両義的だという。完全に自閉し、完全に自律的な体制であるはずの自我のうちに、ある種の統制不能な領域が生成するのだ、と。
自我の内部に発生するが、「自我が統御できぬもの」、それは何か。


享受が穿つ内在性そのもののうちに、ある種の他律性が生じなければならない。その他律性が自己の内部での動物的な自足とは別の運命へと差し向けるのである。
(レヴィナス『全体性と無限』)


「他律性」(エテロノミー)とは何のことなのだろう。語義通り、「自我とは他なるものの支配圏」のことなのだとすれば、自我がさらなる自足を求めて、「欲望の傾斜に沿って(『全体性と無限』)」、内側へ内側へと巻き込まれてゆくその運動の中で、自我は「異質な要素からなる境位」に突き当たることになる。そのとき、「内在性の中で、内在性が超越の顕現を待望し、歓待するようなある次元が開かれる」(『全体性と無限』)とレヴィナスは書く。自我の内奥には、自我に帰属しない「超領地性」が存在するというのだ。(P.192-193)


自我の中に住まう他律性。
レヴィナスは自我の中にある「自我が統御できぬもの」が超越を喚起すると言います。

思うにその超越にもまた<両義性>が具わっているのではないでしょうか。
漆黒の闇に気配として感じる一陽の灯火と、まばゆい陽光の中に静かに佇む一陰の精。
この世界では僕たちは極-陽にも極-陰にも直接触れることはできません。ただただ彼方に措定しうるだけです。


隔離された存在者はおのれをどこかに凝集し、表象を有する必要がある。自己集中と表象は具体的には住まいあるいは「家」への住み着きとして成就する。さて、家の内在性はある超領地性によって形成されている。そして、この超領地性は、生がそれをもってわが身を養っている享受の境位のただ中に存在している。この超領地性には一つの積極的な相がある。それは親密性の優しさあるいは暖かさのうちに生成する、ということである。
(レヴィナス『全体性と無限』)


「自我の統制に服さぬ」超領地性により形成される「家」と、そこに流れる「親密性の優しさあるいは暖かさ」。

レヴィナスがいう「家」とは、すべてを自我に取り込もうと馴染みの椅子に腰掛けて定点観測をするための「家」とは異なります。
自我を固定化する装置としての「家」には「親密性の優しさあるいは暖かさのうちに生成」される超領地性はゼロといわないまでも希薄です。なぜなら、それは結局ある極を指向するようになるからです。
そうではなく、「自由な異邦人」が互いに住まう「家」にこそ「親密性の優しさあるいは暖かさ」が流動する超領地性があるのだとレヴィナスはいいたげです。レヴィナスは「女性」と「女性性」を分けて考えますが、同様なことが「家」と「家性」の間にもあてはまると僕には思えます。

スポンサーサイト

「レヴィナスと愛の現象学 」 内田樹 (1) 

412xfCXJH5L__SL500_AA300_.jpg

やっと読了。
レヴィナス本として内田樹の書くものは読みやすいと評判ですが、僕は最近特に読むのが遅いので時間がかかりました。
でもほんの数ページ触れただけで、「これは最後まで読まないといけない」いう直感が作動しました。今も「引き込まれた~」という余韻に浸っています。(「あとがき」「文庫のためのあとがき」「解説 釈撤宗」はまだ読んでません。この後の楽しみとして残してます)


私のレヴィナス読解は、レヴィナスの文体に頭脳よりも先に身体がなじんでくるという体験であった。そして、ある種の理念は、受け入れる側の知の容量を超えることがありうるし、そのような理念を、身を張り裂くようにして受け入れる能力が人間の人間性を基礎付けているということこそ、私が「身を張り裂きつつ」受け入れようとしていた当のテキストが語っていた知見だったのである。(p.54)


第一章 他者と主体からの引用ですが、僕もこの本で同様な体験をしましたから、凄くよく分かる感じです。


「語ること」と「前言撤回すること」を一つにとりまとめることが可能だろうか。同時に存在することが可能だろうか。
(レヴィナス『存在の彼方へ』)


まだ言葉になっていないのに、更に先立って(先走って?)その前ー言葉を打ち消そうと前前ー言葉が瞬時に身体を駆け巡っていく、そうした無限運動が常態化してしまっている僕だから、このフレーズには痛く感動しました。


「他者」の抵抗力を構成するのは、その「予見不能性」である。不思議な言葉だ。「予見」するのは私である。私があることが「できない」ということが、「他者」の抵抗力の震源なのである。つまり、「他者」の超越なるものは、「他者」の側に属性としてあらかじめ具備されているのではなく、私の無能力を媒介して、はじめて顕在化するのである。私が「私はこの人を認識することも知解することもできない」という無能の覚知に至るときにはじめて「他者」は私の前にその姿を現す。
 私が「他者」を把持できるつもりでいる限り、私は「他者」を殺すことができる。しかし、私が自分の能力と権能に不安を覚えたときに、私は不意に「他者」にその優位性を致命的な仕方で脅かされているおのれを見出す。「他者」は私の全能性の翳りのうちに住まうのである(P.91)


師とは私たちが成長の過程で最初に出会う「他者」のことである。師弟関係とは何らかの定量可能な学知や技術を伝承する関係ではなく、「私の理解も共感も絶した知的境位にある」という「物語」を受け入れる、という決断のことである。言い換えれば、師事するとは、「他者」がいるという事実それ自体を学習する経験なのである。(p.25)


内田氏がレヴィナスを<師>と仰ぎ、そのレヴィナスにも<師>が存在したように、僕にも決断した<師>が存在します。そうした「他者」が学びの起点となり本当の希望に繋がるんだと思います。

「イリュージョン」 リチャード・バック  

081202i1[1]
リチャード・バックは今年の9月に単発機を操縦中、電線に触れて墜落し大けがをしたそうです。やはりその後の経過が気になりますね。

彼は(1936-)ということだから、現在76歳です。
怪我自体はとても残念なことですが、現役の単発機乗りだったとは!
(もうひとつ驚いたのは、彼はバッハの直系の子孫らしいってこと。でも言われたらそうか~と頷いてしまいました。)

さてこの「イリュージョン」、最初に読んだとき本当に身体が軽くなりました。
身体の中の澱んで堅くなった部分までじわ~じわ~っと言葉が入り込んできて、取り除いたり破壊したりするのではなく、気がつかないようにそこを溶きほぐして小さくしてどこかへ流し去ってくれていた、そんな本でした。

以下、ぱらっとページをめくってみたところを引用してみます。
偶然のページなのに素晴らしい!!


学習は、すでに知られていることを見いだすこと。
行為は、学習の証明。
教育とは、被教育者に、君らも教育者と同じ程度のことを知っているのだと気付かせること。


君達はもちろん学習者であり実行者であり教育者であって、
いかなる種類の生や死を選ぼうとも自由だが、義務というものがあるとすれば、自分に忠実でなければならないということそれ一つだけである。


他人や、他の事情へ忠実であることは、
不可能なばかりでなく、偽物の救世主であることの証明となる。


最も単純な疑問が、
最も深い意味を持っている。
君はどこで生まれどこで育ちどこで何をしようとしているのか?
これらの答えは、君達自身と共に常に変化しているはずである。


最も学ぶべきこと、それを君は最もうまく教えることができるだろう。


richardback-s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。